• TRICERATOPS
  • アーティストレビュー
  • 和田唱(vo&g)、林幸治(b)、吉田佳史(dr)から成る日本屈指の3ピース・ロック・バンド。カッコいいマスク、骨太な演奏、ポップ・ソングのお手本のような完成された楽曲で、当代随一の人気を誇る。とくに、和田のソングライティングの実力はタダモノではない。「ラズベリー」「FEVER」では、誰もが一度は経験するであろう恋愛におけるアッパー感をディスコ・ビートのなか完全に具音化。そして、OL魂くすぐるanan的キーワードを散りばめた「ゴシック・リング」「ガテマラ」での甘く切ないメロウ・グルーヴ、「GOING TO THE MOON」「SECOND COMING」における男気ロックぶり――。あまたの若手バンドのなかでは、間違いなく最高の水準であろう。おしゃれで、男前で、ちょっと影があって、知性もあり、楽器もうまい……あぁ〜(ため息)モテそう。すべての男が彼らに嫉妬してしまう。