• 赤い公園
  • アーティストレビュー
  • 2010年に結成されたガールズロックバンド。高校の軽音楽部の先輩・後輩として出会い、佐藤千明(Vo&Key)、藤本ひかり(Ba)、歌川菜穂(Dr&Cho)の3名によるコピーバンドに、サポートギターとして津野米咲(Gt、Pf、Cho)が加入し、そのまま現在に至る。東京の立川BABELを拠点に活動を始め、2011年1月に2曲入りのデモ音源「はじめまして」を、同年3月にミニアルバム『ブレーメンとあるく』を自主制作でリリース。同年10月にはカナダで開催のライヴイベント『Next Music from TOKYO vol.3』に参加するなど、じわじわと頭角を現していく。2012年2月、ミニアルバム『透明なのか黒なのか』でメジャーデビュー。オルタナティヴなロックに昭和歌謡などの要素を混ぜ合わせたトリッキーな作風で話題をさらう。同年5月にミニアルバム『ランドリーで漂白を』を、9月にはシングル「のぞき穴」を立て続けにリリースするが、10月に津野の体調不良によってバンドは活動を休止。約半年の休止期間を経て、2013年3月に活動再開を発表。同年5月には新曲「今更」を配信リリースし、続く7月に復活を印象づけるシングル「今更/交信/さよならは言わない」を発表した。平均年齢20歳らしからぬ圧倒的な演奏力と存在感で、知名度が上昇中。また、全曲の作詞作曲・プロデュースを務める津野は、SMAPのシングル「Joy!!」の作詞作曲を手がけるなど、活動の幅を広げている。