• 白波多カミン with Placebo Foxes、10月15日のライヴをもって活動終了


白波多カミン with Placebo Foxes、10月15日のライヴをもって活動終了

白波多カミン with Placebo Foxes
© music.jp


    京都出身のシンガーソングライターの白波多カミンが2015年に結成したバンド“白波多カミン with Placebo Foxes”が、10月15日のライヴをもって活動を終了することを発表した。ライヴは、2016年3月にリリースしたメジャーデビューアルバム『空席のサーカス』をプロデュースした百々和宏のバンド“百々和宏とテープエコーズ”との対バンイベント。ラストライヴにぜひ足を運んでほしい。

    【白波多カミン コメント】

    「白波多カミンwith Placebo Foxes 、2017年10月15日を最後のライブにすることに決めました。私はこのバンドを愛してます。このバンドで制作できたアルバム、「空席のサーカス」は宝物です。メンバーのそれぞれの活動、次のステップで音楽していくことが良いと思いました。応援してくださった皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました。最後のライブ、このバンドで放つ1音1音を大切にお別れします。見届けてください」

    『夜のお供 vol.2』

    10月15日(日) 東京・Zher the ZOO YOYOGI
    出演:百々和宏とテープエコーズ/白波多カミンwith PLACEBO FOXES

    アルバム『空席のサーカス』

    2016年3月23日発売

    COCP-39495/¥2,500+税
    <収録曲>
    1.姉弟 
    2.おかえり。 
    3.いますぐ消えたい 
    4.バタフライ 
    5.サンセットガール
    6.生命線 
    7.嫉妬 
    8.ハロースター 
    9.普通の女の子 
    10.なくしもの