• 東方神起、布袋寅泰、miwaなど10月リリースの作品から6作を紹介


東方神起、布袋寅泰、miwaなど10月リリースの作品から6作を紹介


© music.jp


    フリーマガジンokmusic UP's vol.158(10/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、10月リリースの作品9作を紹介!

    1.『FINE COLLECTION 〜 Begin Again 〜』/東方神起
    2.『Paradox』/布袋寅泰
    3.「We are the light」/miwa
    4.「風に吹かれても」/欅坂46
    5.『New Sunrise』/Fear, and Loathing in Las Vegas
    6.『Highway to Hellvalley』/Large House Satisfaction

    『FINE COLLECTION 〜 Begin Again 〜』/東方神起

    Album 10/25 Release

    avex trax
    【3CD+Blu-ray】
    AVCK-79392?4/B ¥7,344(税込)
    【3CD+DVD】
    AVCK-79389?91/B ¥6,264(税込)
    【3CD】
    AVCK-79401?3 ¥3,780(税込)
    【Bigeast限定盤(3CD+DVD)】
    AVC1-79404?6/B ¥4,968(税込)

    2011年の再始動からリリースされた全タイトルより選ばれた楽曲と、新たに再レコーディングされた3曲を収録した復帰記念アルバム。EDMサウンドを尖らせるハイトーンボイスと伸びやかでセクシーな歌声の融合が東方神起の歴史をフラッシュバックさせる一方で、再始動への喜びと決意が音を立てて沸き上がってくるような感覚が新鮮だ。Blu-ray&DVD盤と限定盤に付属するジャケット撮影のメイキングと23曲のMV映像も必見!
    TEXT:千々和香苗

    『Paradox』/布袋寅泰

    Album 10/25 Release

    Virgin Music
    【完全数量限定盤 Paradox Boxセット】
    TYCT-69122  ¥10,800(税込)
    ※2CD+フューチャー・ダウンロード・パス+Paradoxグッズセット
    【通常盤】
    TYCT-60110  ¥3,240(税込)

    ニューウェイブのエッセンスを取り入れたモダンなサウンドの中で布袋節が冴えわたる3年振りのアルバム。曲はバラードも含め、ロック、ジャズ、ブルース、フォークと多彩だが、これ見よがしにギターを弾いたりせず、艶やかなプレイを聴かせる円熟味からは、「ヒトコト」で歌っているように“アイシテル”というひと言が届かずに争いが絶えない世界に対する憂いと慈愛も感じられる。そういう意味でじっくりと耳を傾けたい一枚。
    TEXT:山口智男

    「We are the light」/miwa

    Single 10/25 Release

    Sony Music Records
    【初回生産限定盤(DVD付)】
    SRCL-9554?5 ¥1,500(税抜)
    【通常盤】
    SRCL-9556 ¥1,200(税抜)

    “誰もが誰かの光”という意味を持つタイトル通り、miwaが新たに送り出す23rdシングルは、孤独に苛まれる日々をやさしい光で包むような、温かいメッセージ性にあふれた仕上がりに。LA在住のプロデューサー・her0ismとタッグを組んで紡ぎ出されたサウンドは、その温かな言葉たちにぴったりとマッチし、光り輝く未来を予想させるきらめきを放つ。続く「ドライブソング」で描かれる可愛らしい恋愛模様も眩しい!
    TEXT:佐藤志保

    「風に吹かれても」/欅坂46

    Single 10/25 Release

    Sony Music Records
    【初回仕様限定盤TYPE-A(DVD付)】
    SRCL-9581 〜 2 ¥1,528(税抜)
    【初回仕様限定盤TYPE-B(DVD付)】
    SRCL-9583 〜 4 ¥1,528(税抜)
    【初回仕様限定盤TYPE-C(DVD付)】
    SRCL-9585 〜 6 ¥1,528(税抜)
    【初回仕様限定盤TYPE-D(DVD付)】
    SRCL-9587 〜 8 ¥1,528(税抜)
    【通常盤】
    SRCL-9589 ¥972(税抜)

    タイトル曲は自分自身の鼓動のように響くビートとは裏腹に《恋愛の入り口に 気づかない方が僕たちらしい》と客観的に表現するリリックが特徴的。《That's the way》(=そんなもんさ)と繰り返すフレーズには揺れ動く感情を感じるが最後は《曖昧なままで So cool!》とさっぱり収めている。大人びたドライな思考と女の子らしい純情が交差しながらも真っ直ぐ進んでいく様子は今の欅坂46そのものだろう。
    TEXT:千々和香苗

    『New Sunrise』/Fear, and Loathing in Las Vegas

    Album 10/25 Release

    WARNER MUSIC JAPAN
    WPCL-12748
    ¥2,500(税抜)

    約2年振りの5thアルバムはラウド、ダンス、エレクトロ、アニソンなど、ラスベガスの真骨頂を刻むめくるめく曲調が勢揃い。唯一無二のエクストリーム感に巻き込まれていく快感は今作も健在だ。「Power of Life and Death」は
    和的な雰囲気を挿入し、生ピアノからゲーム音に移行するパートにゾクゾクさせられる。アコギを用いた動静の起伏激しい「To Catch the Right Way」も新鮮な聴後感を覚えた。
    TEXT:荒金良介

    『Highway to Hellvalley』/Large House Satisfaction

    Mini Album 10/25 Release

    小林田中時代
    KTJD-002
    ¥1,759(税抜)

    10年以上のキャリアを持つ3人組が自主レーベル第一弾になるミニ作を発表。しゃがれ声のヴォーカル、ささくれ立った荒々しいロックンロールが魅力的で、土煙を上げて突き進む、骨太かつ重厚なサウンドは心の奥底にずしりと響き渡る。インタールード的な「Hellvalley monster club」を挟み、カントリータッチで中毒性の高い歌メロを配した「STAND」も実にユニークだ。CDジャケットは小林賢治(Ba)がデザイン。
    TEXT:荒金良介