• 【LOVE PSYCHEDELICO ライヴレポート】『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』2017年11月24日 at 中野サンプラザホール


【LOVE PSYCHEDELICO ライヴレポート】『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』2017年11月24日 at 中野サンプラザホール

2017年11月24日 at 中野サンプラザホール
© music.jp


     約4年振りとなるオリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』を引っ提げたLOVE PSYCHEDELICOの全国ツアーが、11月24日(金)に東京・中野サンプラザホールでファイナルを迎えた。

     デリコ史上最高のライヴが味わえたと言っても過言ではない。深沼元昭(Gu)、高桑圭(Ba)、坂東慧(Dr)、松本圭司(Key)、レニー・カストロ(Perc)を擁する今回のメンバーは演奏が鉄壁なのはもちろん、ファンキーかつダイナミックに魅せるグルーブも一級品! 全員の音が重なった瞬間から喜びはどこまでも広がっていきそうで、思わず心が躍り出してしまう。引き立て上手な凄腕メンツのサポートを受け、従来より悠々とパフォーマンスするデリコのふたり。KUMI(Vo&Gu)の声が明朗に映え、ますます楽しく“LOVE”を歌い届けているように感じるし、NAOKI(Gu)もアンサンブルを大切にしつつ、引くところは深沼を信頼して任せ、出る時は泣きのフレーズをこれでもか!と弾きまくる。

     トム・ペティやトラヴェリング・ウィルベリーズに憧れて作ったとKUMIが紹介した「You'll Find Out」(深沼はダブルネックギターを披露)、デリコのふたりが出会った頃に生まれて今だからこそ素敵に仕上げられた「Rain Parade」、時に淡く時にまばゆいレーザーが辺りを覆い尽くした「Place Of Love」(松本は複雑なストリングスメロディーを見事に翻訳)と、ニューアルバムの楽曲を惜しみなく演奏。KUMIとNAOKIは自身初の中野サンプラザ公演に歓喜し、会場への思い入れ、お互いへの感謝も改めて伝え合っていた。そして、レニーのラテン熱が極まる「Might Fall In Love」以降は代表曲たっぷり! KUMIが「Freedom」で伸び伸びと躍動して輝き、NAOKIも後半ヴァン・ヘイレン魂を大爆発させた。「No Wonder」の余韻はまだ清々しく残っている。

    撮影:岡田貴之/取材:田山雄士

    セットリスト

    1.C'mon, It's My Life 

    2.Feel My Desire 

    3.Birdie 

    4.Abbot Kinney 

    5.My last fight 

    6.You'll Find Out 

    7.Rain Parade 

    8.Your Song 

    9.Place Of Love 

    10.Beautiful Lie 

    11.1 2 3 

    12.No Reason 

    13.Calling You 

    14.Might Fall In Love 

    15.Everybody needs somebody 

    16.LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜 

    17.Freedom 

    <ENCORE> 

    1.American Pie(NAOKIによるドン・マクリーンのカバー) 

    2.Free World 

    3.Last Smile 

    4.No Wonder

    LOVE PSYCHEDELICO

    ラブ・サイケデリコ:KUMIとNAOKIによるユニット。日本語と英語がミックスされたKUMIのヴォーカル、NAOKIの印象的なギターリフはもはやトレードマークとなった。2000年のシングル「LADY MADONNA?憂鬱なるスパイダー?」でのデビュー以降、数多くのヒットを量産。2015年にデビュー15周年を迎え、さらなる躍進を続けている。