• 【彼女 IN THE DISPLAY ライヴレポート】『GOLD EXPERIENCE REQUIEM TOUR』2017年11月25日 at TSUTAYA O-Crest


【彼女 IN THE DISPLAY ライヴレポート】『GOLD EXPERIENCE REQUIEM TOUR』2017年11月25日 at TSUTAYA O-Crest


© music.jp


     新たな船出に相応しい濃厚すぎるワンマンだった。地元・福岡を拠点に活動する彼女 IN THE DISPLAYのミニアルバム『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』レコ発ファイナルは新旧織り交ぜたセットリストを掲げ、観客を歌わせ踊らせ、さらにはヘドバンにサークルモッシュ…と多様な表現力と怒濤の攻撃性を観せつけてくれた。

     RYOSUKE(Vo)が“行こうか、東京!”と叫ぶと、序盤から新作収録の「[1959]」「NEVER SAY NEVER」と畳み掛け、聴き者の背中を押す力強いメロディーで焚き付けていく。流麗な鍵盤と重厚なビートで迫る「LET IT DIE -Hail 2 U-」でフロアーをぐちゃぐちゃにした後、“ディープな感じで…”と前置きすると、新作の中でもエモーショナルな側面に光を当てた「Don't let me go」「loser」を披露。ラウドなアプローチだけではなく、歌心を押し出したミドルテンポの曲調も素晴らしく、心の琴線を揺さ振る奥深い世界観に多くの観客が聴き入っていた。

     中盤過ぎに“久々にやる曲”と説明すると、「JUSTICE」で大合唱の光景を作り出し、「Let's get the party!!!」へつなげるアッパーな流れも良かった。後半は「Crazy Diamond」「Paradise Lost」「Overdrive Journey」の3連打で会場を興奮のるつぼ化させ、最高潮の盛り上がりを記録。本編ラストを「アカネ」で締め括ると、アンコールに応え“2018年、TRIADからメジャーデビューします!”という突然の告知に会場はどっと沸く。そして、最終曲「PLATINUM」のプレイ中、涙を流しながら観ているひとりの女性を見つけ、“泣いてんのか? 笑って行こうぜ!”とRYOSUKEが明るく声をかける場面もあり、結成7年目で掴んだメジャーという大舞台を前に、観客の汗と涙を根こそぎ奪い去る集大成的なパフォーマンスで観客を魅了した。ラウドでポップなのに、どこまでも人間臭くて、ポジティヴなエネルギーを放ち続けるライヴに胸を深くえぐられた。

    撮影:伊藤由岐/取材:荒金良介

    セットリスト

    1.GOLD EXPERIENCE

    2.[1959]

    3.Unlimited

    4.NEVER SAY NEVER

    5.Black Hawk Down act.3

    6.The straight edge dance party

    7.LET IT DIE -Hail 2 U-

    8.Don’t let me go

    9.MAGI

    10.loser

    11.JUSITICE

    12.Let's get the party

    13.COLOR

    14.ECHOES

    15.Crazy Diamond

    16.Paradise Lost

    17.Overdrive Jouney

    18.アカネ

    <ENCORE>

    PLATINUM

    彼女 IN THE DISPLAY

    カノジョ・イン・ザ・ディスプレイ:福岡県博多在住のロックバンド。2010年8月に始動。数々のアーティストとの共演を経て、“音を楽しむ”という信念を忘れず飽きない音楽を作り続けるバンド。